知らなきゃ非常識!


内祝いの常識について語ります!

結婚内祝いについて

自分たちの結婚披露宴に参列してくれた人たちからは
披露宴前にご祝儀を頂いていることになり、
披露宴後に引き出物をお返しとしてお渡しすることになっていますが、
結婚披露宴には招待していない人や出席できなかったという人から
ご祝儀を頂いた場合には、そのお礼として結婚内祝いを返すというのが
礼儀でもあります。

冠婚葬祭行事は地域性もあるので一概には言えませんが、
一般的にはいただいたご祝儀の半額程度の半返しで行われています。
つまり、3万円をいただいたという場合には1万5千円程度のものを選びます。

もしも商品で何かをいただいたという場合には金額が分かりませんが、
結婚内祝いの目安として調べてみるというのもいいでしょう。
結婚内祝いは、きっかりと半返ししなければならないというわけではなく
だいたいで構いません。

蓄えがなければ、内祝いの出費が出来ないという人たちも中にはいるかもしれません。
そんな時には即日借入できるキャッシング業者を利用してみましょう。
この時、決して審査のないキャッシングを選ばないように注意して下さい。

結婚内祝いで利用されているアイテムには、
お菓子やタオル類、食器などの日用品も人気がありますが、
カタログギフトも多く利用されています。

相手の好みに合わなければ喜んでもらえないものですが、
カタログギフトなら好きなものを選んでもらうことができます。
カタログは予算に合わせて豊富な種類があるので、
予算に合わせて用意することができます。